教科書ではわからない本当の歴史 アジア太平洋戦争の真実
戦争体験継承専門ブログです。親や祖父母、親戚などから聞いた話でもOK! みんなで書き込み、蓄積して継承しましょう。 アジアと世界の平和構築に「積極的に貢献」していくことをめざしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームではわからない、死の恐怖
母から聞いた話です。
軍需工場に動員されていたある日、母は工場から帰宅する路上で
米軍戦闘機による射撃掃射を受けました。
[READ MORE...]

テーマ:戦後61年 - ジャンル:ニュース

日本と中国との間で引き裂かれた、父の青春
 1937年(昭和12年)7月7日、日中全面戦争のきっかけとなった盧溝橋事件が起きた時、天津にいた父は、甲子園大会の満州地区予選めざして練習に励んでいる真っ最中でした。練習が一段落して休憩中、職員室の前を通ったら大騒ぎになっていたそうです。

 何事かと思って聞いてみたら、「盧溝橋で日本軍と中国軍が衝突した」とのこと。その瞬間、父が考えたことは「満州地区予選、大丈夫かな」。「でも、戦火は南に拡大していったから影響なかった」。

 その後の展開を考えると、野球少年だった父の呑気(のんき)さには驚きますが、渦中にいると案外そんなものかも。日本が破滅に向かっているということに気づいている人は、少なかったのではないでしょうか。気をつけないと。

 しかし、日本の大学に進学した父の人生は暗転しました。戦局はどんどん悪化し、1943年(昭和18年)の春、父は学徒出陣が始まる半年前に繰り上げ卒業。生まれ故郷である大好きな中国に、銃口を向けなければならなくなってしまったのです。

 1945年(昭和20年)8月9日未明、国境を越えてソ連が侵攻。中国に残っていた父の両親は広大な中国大陸を逃げまどい、命からがら日本に戻ってきました。「独断専行」で戦火を拡大しながら、いざとなると民間人を見捨てて逃げた日本軍を目の当たりにした祖父は、「軍隊ほどあてにならないものはない」といつも言っていたものです。

 父はずっと日中国交正常化を熱望していました。しかし戦争のことになると口をつぐみ、思い出話以外はしませんでした。万里の長城の壮観さを語り、中国に帰りたいと切望しつつ、その望みを果たすことなく62歳で人生を終えたのです。

 父は下着まで、中国人のクリーニング屋に出していたそうです。「日本人はみんなそうしていた」と言っていました。父に悪意は全くありませんでしたが、やはり侵略する側に立っていたんですね。父の青春は、二つの国の間で引き裂かれました。国家の論理が個人を押しつぶす残酷な時代だったのです。by G2 

学徒出陣についてはこちら↓
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/gakuto/sub_gakuto.html
 
★ 皆さまからの投稿をお待ちしています。
 一度メールで送っていただいてから、こちらでUPします。
 ご希望の方は管理者あてにメールをください。
 

 



 
[READ MORE...]

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース




プロフィール

zeroko2006

Author:zeroko2006
投稿をお待ちしています。
こちらへどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。