教科書ではわからない本当の歴史 アジア太平洋戦争の真実
戦争体験継承専門ブログです。親や祖父母、親戚などから聞いた話でもOK! みんなで書き込み、蓄積して継承しましょう。 アジアと世界の平和構築に「積極的に貢献」していくことをめざしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京陥落を祝う提灯(ちょうちん)行列
日本軍が中国の街を占領する度に、日本人は提灯(ちょうちん)行列をし、
万歳三唱をして祝いました。
日本中がお祭り騒ぎになったのです。
1937年(昭和12年)12月13日に南京城が陥落した時も、日本は大騒ぎでした。
私は母から、そのときの話を繰り返し聞かされました。
皆でこういう歌を歌いながら提灯行列をしたそうです。

一部に不適切な表現がありますが、当時の状況を伝えるため、
敢えてそのまま書きます。
「日本勝った日本勝った、また勝った♪
支那のチャンコロまた負けた♪」

当時の雰囲気と日本人の意識がわかりますね。
「日本は、暗く貧しく遅れたアジアとは違う別格の存在」。
「日本人は選ばれた優れた民族であり、中国も朝鮮も日本に従うべきである」という、大東亜共栄圏のイデオロギーです。

母もまた当然のようにそれを信じた日本人の一人でした。
当時、ほとんどの日本人にとってそれは疑う理由もない常識だったのです。
言うなれば、日本人としてのアイデンティティ。
日本人であるとはそういうことだったのですよ。
母は提灯行列の話をする度に、「バカなことした」と肩を落としていました。

戦後61年たった今でも、大東亜共栄圏のイデオロギーは根強く日本社会の底流に流れています。
だから、韓国や中国と普通に付き合うことができないのです。
どうしていつも、勝ち負けでしか見ることができないのか。

かつて妄想にかられてジアを侵略した日本人は、過去の歴史的経験を検証しつつ、今度こそ開かれたアイデンテティを構築しなければなりません。
それこそが、良きアジア人として生きていくための道ではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
百里基地
うちの<A HREF="http://blog.goo.ne.jp/suzuki-31/">日刊「NOCUSる」</A>から転載


うちの女房の祖父は、戦前、この地で4haの畑を開墾して農業をやっていた。
農業機械などない時代だから、そうとうな働き者だったんだっぺと思う。
あるとき突然、飛行場をつくるから、1週間以内で土地を明け渡すようにと軍からの命令があった。
当時、軍の命令は天皇陛下の命令だから否応なしに従うしかなかった。
そうはいっても、馬などの家畜はいたし、道具や収穫物などもあったわけで、いきなり出ていけるはずもない。知人の家に住まわせてもらいながら片づけをした。
ところが軍は、猶予はならないと家屋にダイナマイトを仕掛けて爆破、撤去。
そこに海軍の飛行場がつくられた。

終戦になって、土地が農民に手に戻った。
私も満州から生命からがら引き上げてきて、この地に開拓に入った。
ところが、わずか10年ほどで、今度は自衛隊が基地をつくるといってきた。
当時、土方で働いて日給が200円くらい。その時代に1戸あたり300万円もの金が積まれた。いまで言えば億の金か。
みんな出ていった。そして、いま目の前にひろがる基地がつくられてしまった。

それでも数戸だが、“戦争のために土地は売らない”と、金になびかない農家もあった。
私も、農業で踏ん張り通してきた。
これからも皆さんと力を合わせて頑張っていきたい。
【2006/09/24 20:13】 URL | すずき産地 #mQop/nM. [ 編集]


南京陥落の提灯行列、
一九三七年当時、すでに多くの兵士が招集され、兵として中国大陸へ送られていた。
南京陥落の際には、残された家族は、これで戦争は終わらねばならぬ、終わってもらわねばならぬと、心のなかで願いながら、提灯を振った。提灯を振っていた多くの人たちは、南京で行われたことを知らなかったし、侵略戦争という戦争の性格も知らなかった。その期待は、まとはずれであったから、もちろん期待通りにはならず、日本軍と日本政府は日中戦争を拡大し続け、中国と日本、更には東南アジアの多くの民衆の命を奪うという犠牲を払い、日本の敗戦でやっと終わった。
【2006/09/29 02:30】 URL | tamashige #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2006/11/25 12:38】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/24 18:36】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/11/01 20:46】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/04/28 05:56】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/10/22 11:39】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/04/29 19:25】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zeroko.blog53.fc2.com/tb.php/6-0e6988d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

踏ん張る

No.2289きょうは百里平和農園で、茨城農民連青年部などが主催する「稲刈り交流会」。「田植え交流会」とともに第13回を数えますが、第一回からほぼ欠かさず参加しています。さて、写真。下記のような・・・うちの女房の祖父は、戦前、この地で4haの畑を開墾して農業を 日刊「NOCUSる」【2006/09/24 20:11】

安倍政権の倒し方

野中広務さんが週刊朝日に「安倍くん、ブレーンが一色では危ないぞ」というお話を寄せてます。元みずほホールディング会長で、安倍晋三さんのおじさんの「西村正雄さんとお話ししたときのこと(今年の5月)を書いてるのですが・・「晋三はまだ経験が浅いし、政策にも深みが お玉おばさんでもわかる政治のお話【2006/09/25 15:27】

共謀罪阻止のためにも、神奈川補選・大阪補選は重要である。4月23日千葉補選を思い出せ。誰が結果を予想したか。

 マスゴミの世論誘導・調査にだまされるな。  たとえば、今年4月23日投票・即日 雑談日記(徒然なるままに、。)【2006/10/21 13:30】

再度きっこさんに応え、「美しい国 耐震偽装編」バナーで、断固として耐震偽装隠し告発戦線に参戦する。(?)

 今日は、きっこさんのコメント部分も含めて丸ごと転載です。 追記:その後、記事中 雑談日記(徒然なるままに、。)【2006/10/21 13:30】

「命令してでも、、、創りあげたい日本がある」AbEndバナー、取りあえずのアップ。

 ↓2個あるうち、今日ほとんど徹夜みたいにして作った下記のバナーは特に重要です。 雑談日記(徒然なるままに、。)【2006/11/12 09:47】

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/10/28 22:34】

プロフィール

zeroko2006

Author:zeroko2006
投稿をお待ちしています。
こちらへどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。