教科書ではわからない本当の歴史 アジア太平洋戦争の真実
戦争体験継承専門ブログです。親や祖父母、親戚などから聞いた話でもOK! みんなで書き込み、蓄積して継承しましょう。 アジアと世界の平和構築に「積極的に貢献」していくことをめざしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲種合格の籤(くじ)逃れ
 普通、初年兵が入隊するのは1月の10日ですが、『2.26事件と郷土兵』の証言をみていると、異なる日付が散見されます。
 そのうち、1月20日に入隊したひとりが、「これは甲種合格の籤(くじ)逃れで入営を免れたが、中隊の方に欠員が生じたので補充の形で入隊を命ぜられたためである。」と語っています。
 「徴兵と籤(くじ)」の意外な取り合わせに初めは驚きましたが、これが当時の若者の理想だったようです。
 男と生まれたからには甲種合格したい。でもそれでは現役徴集される可能性が高い。願わくば、甲種合格して、籤(くじ)にあたりませんように! といったところでしょうか。

日本の旧軍の性格については、さまざまなところで証言が見受けられます。
「生きて虜囚の辱めをうけず」の戦陣訓によってどれだけ多くの犠牲者が出たか、戦死者の過半数は戦闘死ではなく餓死・病死である、下級兵士が戦場をはいずり回る間、高級将校たちは安全なところで酒池肉林等々の他、この『2.26事件と郷土兵』の中にも、「終始無理な戦闘をやるので激戦にならざるを得ない」という言葉がみられます。
そもそも、戦争の大義とか作戦自体がおかしかったのですから。
 
 さて、明治以来の徴兵令は、1927年に兵役法が公布されたことで廃止されました。
その結果、男子は20歳になると徴兵検査を義務づけられ、判定結果は「甲種」「第1乙種」「第2乙種」「丙種」「丁種」と分類されて、「丁種」以外は連隊区司令部の兵役原簿に記入保管されました。
 
 この原簿から誰を召集するかは連隊区司令部の権限で、1939年までは、甲種、乙種の合格者の中から必要な人数が集められました。
 父は170cmを超えた、当時としては珍しいほど大柄で健康そうな男子でしたから、もちろん甲種合格でした。「優秀な帝国臣民」と認定されたわけです。
 籤に当たって10日に入隊したのか、それともひとまず籤で逃れて後日入隊したのかどうしたのか分かりません。
 
 (が、ともかくも1936年2月26日に、父は第1師団歩兵第3連隊(麻布3連隊)にいたのですが、歩兵第3連隊も全ての中隊が事件に参加したわけではなく、当日の夜、決起将校が週番指令をとっていた中隊に限られています。)
 それはさておきこの籤ですが、引くのは本人ではなかったということです。自分の運命が他の人の掌中にあったのも皮肉なものですが。
 ところが、それに承知しなかった人たちがいたのです。
 連隊区司令部では金品と引き換えに原簿の破棄や兵役に耐えられない病歴の記載等の不正で召集を免れた人たちです。父の生家も、けっして貧しくはない農家でしたが、そんなこと考えもしなかったのかもしれません。

 軍召集を逃れたものの職業をみると、軍需景気で儲けている人や会社の重役が圧倒的に多く、その他配給業務に携わる幹部、料理屋の主人、群を抜く知名人であったといいます。
 こうした人たちが、いわば戦時中の勝ち組、といったところ。その他大勢の負け組は貧乏くじを引いたわけです。
 
 そんな現状を揶揄した替え歌がこれです。
  世の中は 星に 碇に ヤミに顔?    官に尾を振る ポテやくざ?  真正面(まとも)じゃ末成(うらな)りネエ 青びょうたん ?    水でふくれて 死ぬばかり

  星は陸軍、碇は海軍、ヤミはヤミ商人やブローカー達、軍需景気で儲けた人や会社の重役、顔は、その筋の顔きき。
「さのさ節」の替え歌ということですが、「ネエ、さのさ」で終わるこの歌のメロディーは覚えていません。父が懐メロ番組でよく聞いていましたが。

☆ この記事は、8月30日の「とむ丸の夢」から転載させて頂きました。
スポンサーサイト

テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
あれ、ブログ名を変えられましたか?
それとお願いですが、元はわたしの書いた記事で、文責は私にありますので、そのことを明記していただけますか。タイトルも元のままでお願いしたいのですが。
よろしくお願いいたします。
【2006/09/14 22:47】 URL | とむ丸 #- [ 編集]

昔の軍隊は今の官僚?
といっても、特にエリート層がそっくりですね。今も国民はエリート官僚の支配下にあるといえます。
それから阿部晋三を持ち上げるマスコミも信用できません。

「明治以来の徴兵令は、1927年に兵役法が公布されたことで廃止」というのは初めて知りました。

今後もお互い情報交換しましょう。

【2006/09/17 05:18】 URL | 戦争を語りつぐプロジェクト #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zeroko.blog53.fc2.com/tb.php/4-e7feca0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

zeroko2006

Author:zeroko2006
投稿をお待ちしています。
こちらへどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。